代々木上原駅近の隠れ家美容室、美容院 | 髪と自然

山録:秋の浅間山登

2018年12月6日

 

10月22日の登山記録です。

 

「浅間山」に登山して来ました。

 

浅間山とは、長野県と群馬の界にある標高2,568の活火山です。

火山レベルで入山規制がかかってしまうので、気象庁の「噴火レベル」こちらをチェックしてみて下さい。

 

今回は、噴火レベルが下がり、前掛山まで進める様になったので

浅間山荘→ニノ鳥居→湯ノ平口→賽ノ河原→前掛山の往復コースでのトレッキングです。

 

 

 

紅葉を楽しみつつ、和みながら登って行けたらいいなと思いつつ、数日前に雪が降った様で湯ノ平口付近からは、プチ冬化粧の雰囲気。

雪と言うよりかは、朝に霜が降り植物が凍っており、景色全体が銀色の世界でした。

 

丁度快晴だったので、一見寒そうですが登っている最中は暑く汗もかくほどでした。

特にこの時期は、山頂で汗冷えしない様に汗が乾きやすい素材のアンダーウエアーは、マストアイテムです。

 

 

賽ノ河原を登って行くと、なだらかな稜線と開けた景色が広がり日本では無いような感覚でした。

こう言った景色での楽しみが登山の醍醐味です。

行った人しか共感出来ないのもアルアルなんですけどね笑

 

 

前掛山の稜線は、丁度雪がほんのりかかり幻想的な表情を見せてくれました。

 

 

紅葉と雪が同時に楽しめる素敵な山行になりました。

 

参考までに:トレッキングタイムは、休憩も含め6時間半ほどです。

道のりは、初心者でも行ける様な危険箇所は、ありませんが前掛山に差し掛かると急勾配になるので、ポール等があるとより楽に登れるかと思います。

 

youtubeでもチェックしてみて下さい。

 

小熊 開の記事一覧

Lineで予約

Line@始めました!!
右のQRコードより簡単に予約ができます。

電話で予約

03-6407-1382

(平日11:00~, 土日・休日10:00~)